神楽坂にある昭和十年創業の和菓子販売店 手作り、無添加の和菓子を販売しています。

  • 商品紹介

    • 水無月(みなづき)

      夏越の祓が行われる6月30日に、
      残り半分の無病息災を祈念してこちらをいただく風習があります。
      ・白は本葛使用のモチモチ生地に丹場大納言小豆を散らしております。
      ・黒は波照間島産黒糖生地に富良野の青エンドウが散らしてあります。(新発売)
      冷蔵庫もないその昔、暑い夏に氷を食べることができたのは身分の高い人だけでした。
      山奥の「氷室」(ひむろ)と呼ばれる氷のムロから切り出され、町まで運ばれてきた
      貴重な夏の涼を口にした方はこう言ったことでしょう。「アア~冷たくて美味しい!これで半年寿命が延びた!!」と…。
      菓子の水無月は6月30日に半年分の禊(みそぎ)を落とす厄払いとして「夏越しの祓」(なごしのはらえ)に食べられてきた伝統のお菓子です。
      神社で茅輪をくぐり手を合わせ、半年の無事を感謝して帰ってから水無月で体の中からリフレッシュしましょう。
      丹場大納言をのせた白と青エンドウをのせて黒糖生地の黒がございます。

      <原材料>

      白砂糖、黒糖、上新粉、餅粉、本葛粉、丹場大納言蜜漬け豆、青エンドウ豆

      <賞味期限>

      3日
      価格 380円(税別)
    • あやめ上用まんじゅう

      販売価格:260円

      <原材料>

      砂糖、小豆、つくね芋、上用粉、クチナシ色素
      価格 260円
    • 麩まんじゅう

      小麦粉のグルテンを取り出し餅粉と和えて粘りをだした生地に餡を包んで茹で上げ、
      笹の葉でくるんだ麩まんじゅう。
      グルテンなので冷やして食べられますので夏の定番商品です。
      白生地のこしあん、ヨモギ入り生地の粒あん、
      金ゴマ入り生地のみそ餡の3種類取り揃えております。

      <原材料>

      砂糖、小豆、白あん、グルテン、餅粉、白みそ、信州産ヨモギ、金ゴマ

      <賞味期限>

      2日
      価格 250円(税別)
    • 青梅(あおうめ)

      たわわに実った青梅を今年は何漬けにしよう・・・。
      これから暑くなる季節の変わり目には梅の酸味が欠かせません。
      求肥の中は甘酸っぱい青梅餡。
      焼鏝でおヘソを描いてヘラ目をいれます。

      <原材料>

      砂糖、白玉粉、手芒、大福豆、青梅果肉、カップリングシュガー、クチナシ色素

      <賞味期限>

      3日
      価格 260円(税別)
    • 若あゆ

      鮎は初夏に生まれ故郷の川に戻って遡上します。
      川で生まれて海で過ごし、再び産卵のために川を昇ります。
      川に入ってからはテリトリーの岩についたコケのみを食んで生きていきます。
      そのため鮎は苦みがなく香魚と呼ばれて珍重されてきました。
      一文字の銅板で焼いた焼き皮に白ゴマ入り求肥を挟んで焼き印をつけ若鮎を表します。
      大きすぎず小ぶりなサイズで人気です。

      <原材料>

      砂糖、国産小麦粉、卵、白玉粉、餅粉 、白ごま、カップリングシュガー

      <賞味期限>

      2日
      価格 250円(税別)
    • 麦羽二重もち(むぎはぶたえもち)

      麦は初夏に黄色い穂を稔らせて収穫されます。
      この景色を「麦秋」と呼び夏の風物詩となっています。
      大麦を炒って挽いて粉にした「麦焦がし」という香ばしい香りの粉を、卵白を加えて
      フワフワに練り上げた羽二重餅に振りかけました。
      こしあん入り

      <原材料>

      砂糖、白玉粉、羽二重粉、小豆こしあん、はったい粉(煎り大麦粉)、卵白、カップリングシュガー
      *原材料に大麦粉、卵を含む

      <賞味期限>

      2日
      価格 280円(税別)
    • とろける水羊羹

      スプーンですくえるくらいのギリギリの柔らかさ加減で固めた
      トロリとろける口どけの水ようかん。
      今年は抹茶も登場。

      <原材料>

      小豆、砂糖、寒天、塩

      <賞味期限>

      3日
      価格 350円(税別)
pagetop