梅花亭

神楽坂にある昭和十年創業の和菓子販売店 季節感あふれる和菓子を取り揃えております。

商品紹介

季節の生菓子

黒糖わらび餅

黒糖わらび餅日本最西端の島沖縄県波照間島。この島の黒糖はコクがあるのに後味が淡白で、しつこくありません。
その黒砂糖をフルフルのわらび餅に練りこみ、へらで職人が丹精こめて練り上げます。
それを切り分け、遺伝子組み換えをしていない国産大豆を深煎りにして挽いた「黒須きな粉」をわらび餅にまぶします。
本わらび粉の野趣あふれる風味と黒糖の甘み、黒須きな粉のほろ苦さが絶妙に引き立てあいます。

販売価格:680円(本体価格629円)  お日保ち:2日間

いちご摘み

いちご摘みミルクあんにフリーズドライのイチゴをまぶしてすり蜜でコーティングしました。
いちごの甘酸っぱさとミルクのまろやかさ、見た目の可愛らしわで人気です。

販売価格>5個入り700円(本体価格648円)

柚子もち

柚子もち冬至に黄色い食べ物を食べると厄除けになると言われてきました。
柚子のビタミンC、かぼちゃのベータカロテンなど風邪の季節にビタミンを補い体の抵抗力をつけるという理にかなったものでした。
クチナシの黄色い蜜を吸わせたもち米で、白あんに柚子ジャムを練りこんだゆず餡を包み蒸し上げました。
青豌豆鹿の子豆をヘタがわりにつけてもちもちの柚子もちをどうぞ。

販売価格:240円

亥の子もち

亥の子もち旧暦10月最初の亥の日(今年は11月1日)、亥の刻(午後10時頃)にこのお餅を食べると無病息災になるという風習が室町時代の頃からありました。御厳猪(おげんちょ)の儀式。
イノシシの多産なことから子孫繁栄を願った武家にとって大事な年中行事であったようです。
また、亥の方角は北北西で火を司る方角であることからこの日から炬燵を出すと火事にならないと言われてきました。
茶家ではこの日風炉から炉に変える「炉開き」を行います。茶家の正月と言われ、心新たにお点前を始めます。
当店の亥の子もちは金ごま入の外郎皮に黄身餡を包み、周りに麦こがしをまぶして、うり坊よろしく背中に三本線を焼いてつけます。

販売価格>240円

栗きんとん

栗蒸しようかん国産栗を蒸して半分に割り、スプーンでほじくり、丹念に裏ごして砂糖と一緒に火を入れていきます。
茶巾で野趣あふれる形に絞って完成。シンプルな素材を職人の手間で形にしたお菓子です。
美味しいクリが採れる時期限定のお菓子です。

販売価格>400円

柚子まんじゅう

柚子まんじゅう国産の柚子の実の黄色い皮だけをすりおろして柚子ジャムにしたものを練りこんだ特製皮で粒餡を包み、蒸し上げました。
ほおばると、まずはあずきの香り、そして天然由来の柚子のやさしい香りがフッと香ってきます。

販売価格:250円

栗蒸しようかん

栗蒸しようかん国産の栗を手むきしてもらい、到着後すぐにふかして蜜漬けにします。
翌日に国産小麦粉のグルテンを最大限に引き出した腰のあるモッチモチの羊羹の台の上に石畳のようにふんだんに栗を敷き詰めて蒸し上げます。
毎年お客様にはお待たせいたしております人気商品ですが、残念ながらクリの取れる秋限定のお味です。(9月中旬から11月下旬)
是非ご賞味ください。

販売価格:竿1300円 三角400円
  • 定番銘菓
  • 上生菓子
  • 季節の生菓子
  • 詰め合わせ
  • 慶弔・催事用

梅花亭オンラインショップ

ご注文について

  • ご利用ガイド
  • 特定商取引法に基づく表記

よもやま話

  • 梅花亭の歴史
  • 和菓子の素材について
  • 神楽坂探訪

お問い合わせ 神楽坂本店:03-5228-0727 ポルタ神楽坂店:03-3235-0808


↑ページの上部へ戻る

(c) 2012 神楽坂梅花亭. All rights reserved.